ユタカの木工機械教育機器事業

(株)ユタカは、木工機械、学校教材分野において、「生産販売 」事業(糸のこ機械・ベルトディスクサンダー・各種木工機械・学校教材備品)と「開発・貿易」(小物製品の開発・台湾関連会社・中国関連会社・米国関連会社から部品・半製品の輸入業務。YUTAKA製品の輸出業務 )事業を行っています。

1. 「生産販売」事業
自前で機械加工工場を持っているため生産性がよく受注から出荷まで短期間で完成出来き、部品在庫を大量に保管しなくてもよいメリットがあります。学校教材、糸のこ機械、ベルトサンダー、バンドソーなどを中心に
木工機械を生産販売しています。 収益率は万代鉄工の事業のように高くないものの、
低リスクで、安定したキャッシュフローを得られる事業です。

2. 「開発・貿易」事業
現在、台湾の関連企業、南京市郊外の関連企業と合同で主に木工機械の開発、産業機械部品の加工品の輸入をしています。最近ではアブダビなど中東から商品の引き合いも増えてきています。今後とも海外投資を積極的にし生産能力、開発能力を高めていきたいと思っています。
新製品開発に成功、大手企業より部品加工品の注文が大量に頂いたときには大きな収益を上げられる可能性のある事業です。

※関連企業の定義は資本参加、弊社の社員が取締役参加、協定書を締結しているいずれかの企業のことです。





 
Copyright(C) 2008 yutaka co.ltd.all rights reserved.